« September 2005 | Main | November 2005 »

October 22, 2005

温かさ

今から半年前、検察審査会の審査員に選ばれて、月に1~2回ほどだが、地方裁判所に行くことになった。今日はその任期を終えた日だ。審査会そのものより、裁判所の印象が大きく変わった。裁判所は犯罪者と強く結びつくし、出来ればお世話になりたくないし、法律の堅苦しい、マイナスなイメージがとても強かった。

しかし、6ヶ月通って分かったことは、①裁判所はどこよりも市民の見方であること②犯罪者もそうでない人も平等にあつかうこと③思っていた以上に人情に溢れる場所だということだ。こう思えたのは、検察審査会の局長さんがとても気さくで学ぶことがとても多かったことにあると思う。

この期間中、裁判を4件傍聴した。必ず思うのが、この雰囲気に耐えられない。裁判所で働きくない(無理だけど)と本気で思った。しかし、局長は極めて穏やかな方だ。人間の悪や汚い部分を毎日見聞きしているのになぜだろうと思い、聞いてみた。すると、「どんな凶悪犯罪者でも、裁判所で証言したことや謝罪の言葉を信じることにしている。きっと更生すると信じている」と笑顔でおっしゃった。何度裏切られても『信じる』。とても大変なことを毎日、当たり前のように。局長さんは、私にとって『完全』に近い『人』だ。『神』が存在するなら、こういう『人』とことをいうのではないかと感じた。言葉に偽りをまったく感じなかった。

裁判所は、警察や病院よりも親切で、温かくて、私たち市民を決して見捨てない。

「どんな人でも絶対この世に意味があって生まれてきた」

道を外すのは容易だが、毎日をまじめに生きるというのは大変なことだ。局長さんと出会ってまじめに生きたいと、そう思った。

検察審査会審査員に選ばれたら、断らず参加することをお薦めします。やるべきです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

豆知識

用があって小田原に出かけた。ランチに行こうと外を歩いていたら、「すみません」と言う声が聞こえた。後ろを振り返ると杖を持ったおじいちゃんが立っていた。「駅に行くにはこの道でいいですか?」と聞かれたので「この道をまっすぐでいいですよ」と答え、おじいちゃんが一人で歩こうとしたのだが、心配だったので一緒に行きますと言い、駅まで歩くことにした。おじいちゃんは一人で電車に乗り、小田原までやってきたと言う。目は事故に遭ってから何も見えなくなってしまったらしい。一人で電車に乗り、一人で歩く。自転車がたくさん止まった狭い道を車が走り抜ける。言葉にできない思いがこみ上げた。どれだけの勇気があっても私には出来そうもない。

おじいちゃんは、まっすぐあるいているつもりが、右に寄ったり左に寄ったりしてしまう。誘導できない私は「どうすればいいですか?手を握っていいですか」と聞くと、「肘をかしてください」と言われた。テレビで聞いたことはあったが、やったことはなかった。こうすると、一番歩きやすいようだ。私も歩きやすくなった。

駅につくと長い階段があるので、一緒にのぼり、無事改札でおじいちゃんを見送った。かわいいおじいちゃんだった。

目の不自由な方の道案内をするときは、肘をつかんでもらいましょう。

警察に物申す。

「交番へよってもらえませんか?。」  おじいちゃんは小田原に着いた時道を聞くために交番に入ったらしい。そして、帰り際にお礼をするために交番へ寄りたいと言った。その時の警察の態度がひどかった。わざわざ寄ったのに、「はい」しか言わなかった。お気をつけてもない。あいつらはロボットか!市民に親切にするのは当たり前の仕事だろ。と思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

BBQ

季節外れのBBQをした。外はあいにくの雨で、しかも結構寒い。友達の彼氏の友達がくるので、少しは女らしく行きたかったけど、無理そうだ。スニーカーをはくのがあまり好きじゃなけど、お気に入りのスニーカーに、プーの靴紐を通したくつをはいて出かけた。バカにされるケド、気にしなぃ♪

人に嫌われるのは嫌だけど、自分を偽るのはもっとやだ。だから、いつも自分らしくいようと思う。私は元気だけが取り柄だ。笑っている時間が一番スキ。楽しくって楽しくって幸せになるから。今日は、ジモトの女友達と、優しい男の子の友達が増えて久しぶりに楽しい日を過ごせた。BBQは友達の彼氏の誕生日会を兼ねていて、ちょっと感動した。彼氏の友達が、彼氏を喜ばせたくて、プレゼントを探し回った姿が眼に浮かんだから。季節外れのゴーグルはやっと見つけたらしい。

次はスノボ旅行で会う約束をした。楽しみ×②☆★

三連休も終わりだけど、明日から仕事頑張ろぉ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 09, 2005

応援

卒業すると、連絡をしなくなる人がたくさんいる。そうはなりたくないと思っていても、難しいことだ。そんな中で、ちょろっと連絡をくれる友達がいる。

その人は大学のときちょっと好きだった人だ。がんばって携帯の番号とか聞きに行ったのを、彼とメルしていて思い出したらおかしくなった。今では普通の友達だけど、それでよかったと思う。今でも良い友達関係が築けているから。仕事のこととかちゃんと聞いてくれるし、ちゃんと覚えててくれる。逆に彼仕事の大変さとか、社会人チームで続ける大変さとか頑張っていることを聞くと、やけに励まされる。なんでっ??てくらい元気になる。そして頑張れといってくれるからさらに元気になれる。良い友達に出会えたなぁと実感した夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2005

タイへ

10月2日、一人の友達がタイへ行った。東海のボラゼミでタイに行ったメンバーの一人だ。

彼女は、日本語教師になりたくて、大学に行きながら語学学校にも通い、今月その夢が叶った。こうやって早くも夢を実現させている友達もいれば、ぐうたらしている私もいる。暇な一日があると、ほかにやることあるのになぁ・・・と思う。マイペースもいいけど、彼女を見習って少しは前に進みたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »